【試合後記者会見】第1節エスポラーダ北海道イルネーヴェ

2018年6月 2日 12:30

 

w_fleague2018_1st0554.jpg

【試合レポート】GAViC presents日本女子フットサルリーグ2018第1節さいたまSAICOLO vs エスポラーダ北海道イルネーヴェ

 

菅野監督:昨シーズン1勝もできずに、日本リーグを終えてしまい、今年こそはという想いで今日の開幕戦を迎えました。準備の段階でどのようにしたら勝てるのか、選手と共に考えながらやってきた中で、一つフィジカルベースの所で相手を上回ろう、相手に追い付こうと頑張ってきましたが、最後失速してしまい、非常にもったいないゲームを落としてしまったなと思います。その要因としては、サイコロさん対策として、精度の高いセットプレーをしてくるチームなので、失点をしないようにしようというゲームプランで入ったのですが、前半その部分で2失点してしまい、追いかけなくてはいけない立場になってしまった事が敗因の大きな所かなと思います。劣勢の試合が予想される中で、どうやって戦わなくてはいけないのか、ボールを保持して相手を走らせる、ミスをしないでボールを守っていかなくてはいけない、その中で突破をしてゴールへ迫らなくてはいけないのですが、そこに対しての高い強度の中でのミスが続いてしまって自分達のリズムが作れないままゲームが終わってしまったので、次はそこを改善して試合に臨みたいと思います。自分達が頑張らないと日本のフットサルはレベルアップはしないと思うので、なんとか下から這い上がって、良い大会、良い試合、良いリーグになる為に頑張るしかないので、見守っていただきたいなと思います。

石戸谷キャプテン:失点シーンがセットプレーから2点、後は遠目からのシュートがほとんどだったと思うのですが、もったいない失点だったなというのがチーム全体で思っている所です。また自分達のカウンターになった時に相手のトランジションが早かったという差が出たというのと、遠目から打たれたシュートは寄せる距離感という面で1stディフェンダーが遠かったと感じた部分でした。今日の負けはネガティブに感じる必要はないかなとチーム全体でも思える所で、改善できる所はあるのかなと思っているので、持ち帰って練習で改善して次の試合に臨みたいと思います。

 - 新しい選手も入り、戦い方も少し変化があるようでした。サイコロさんの対策として一番考えていた部分はどこですか?

菅野監督:セットプレーで自分達のリズムを作りたい、まずしっかり守った中でカウンターをかけていきたい、前進した中で自分達のセットプレーで点を奪っていきたいと思っていました。サイコロさんとして長い裏へのボールだったり、長い距離を走ってくるというチームだと思っていたので、そこを何とかマンツーマンで付いていきながら、前からプレスをかけて、相手のゴール前で奪った所でフィニッシュまで持ち込みたいという部分で対策を練っていました。ですが、前の方でプレスがかからず、ボールを奪う事は少なく、またカウンター部分も走れてはいますが、精度が足りずビッグチャンスを作る事ができなかったのは改善点だと思っています。

 - 球際では強く行き、良い距離間になると体を張って戦えていたのかなと思いますが、いかがでしたか?

石戸谷キャプテン:フィジカル的な部分では今年しっかり走り、1対1で負けないという部分では、しっかりと練習で上げてきたので、去年とは違う点かなと思っています。

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo40.jpg