【試合レポート】SuperSports XEBIO関東女子フットサルリーグby PENALTY第14節VEEX TOKYO Ladies vs バルドラール浦安ラス・ボニータス

2017年12月16日 14:40

 

【第14節】

VEEX TOKYO Ladies 1-4 バルドラール浦安ラス・ボニータス

<得点者>
09:02 7番服部眞彌(VEEX)
23:30 9番江川涼(浦安)
33:47 9番江川涼(浦安)
39:22 13番阿部真美(浦安)

 第1試合でフウガドールすみだレディースが5-0で勝利した為、優勝するには総得点でも上回る必要がある為、9点が必要。浦安は14番笠井選手が欠場で苦しい陣容。気持ちの入った戦いぶりを見せる両チーム。浦安は4-0を多用し、VEEXは3-1で攻撃を組み立てる。意地の張り合い、集中した守備を見せる両チームともにゴールは生まれない。得点が動いたのは前半10分、右サイドでボールを受けた11番多々良選手の素早い折り返しがディフェンスに当たりこぼれたところを7番服部選手がゴールへ蹴り込みVEEXが先制点を奪取。勢いに乗り、得点を重ねたいVEEXだが、逆に浦安がゲームをコントロール。ボールポゼッションを高め、攻撃に転ずる。

 前半を1-0で折り返した後半3分、浦安は右サイドキックインからのサインプレーからファーサイドで9番江川選手のダイレクトシュートが決まり同点に追い付く。素早いパスをで攻撃を組み立てる浦安は後半13分に13番阿部選手の右サイドからの折り返しを9番江川選手が体ごとゴールへ押し込み2-1と逆転に成功する。後半攻め手に苦しむVEEXは残り4分から5番伊藤選手をGKにしてパワープレーを開始。しかしパワープレーをカットした13番阿部選手がそのままカウンター。走り込んだ4番四井選手が押し込み3点目。更に残り38秒にもボールを奪った13番阿部選手がそのまま持ち上がりゴールを奪い、4-1としてタイムアップ。浦安は完勝でVEEXを逆転して2位とし、VEEXは3位でリーグ戦を終える事となった。

2017kanto14th_1311.jpg

2017kanto14th_1285.jpg

2017kanto14th_1456.jpg

2017kanto14th_1513.jpg

2017kanto14th_2063.jpg

2017kanto14th_1524.jpg

2017kanto14th_1458.jpg

2017kanto14th_1612.jpg

2017kanto14th_2015.jpg