トリムカップ2013全国女子選抜フットサル大会予選準決勝

2013年3月24日 22:00
東京都選抜 1-5 兵庫県選抜
得点者:4分13番江口選手(兵庫)、5分10番中野選手(兵庫)、6分9番関灘選手(兵庫)、7分3番村上選手(東京)、20分6番井野選手(兵庫)、29分7番佐藤選手(兵庫)

両チームに日本代表経験者10名が名を連ねる準決勝は試合序盤から兵庫県選抜が優勢に運ぶ。すると前半4分、6番井野選手のループパスを受けた13番江口選手がハーフボレーで叩き込み先制点を奪い、更に5分10番中野選手がゴール前のこぼれ球を押し込み2点目。更に6分に6番井野選手のシュートがはじかれた所を再び10番中野選手が押し込み、3分で3点を叩き込んだ。しかし直後の7分、東京都選抜3番村上選手がピヴォの位置で相手を背負って受けると振り向きざまに放ったシュートがファーサイド上の絶妙なコースに決まり、1点を返す。しかし兵庫県選抜はこの後も冷静に対応。前半は3-1で折り返した。
後半に入っても兵庫優位は変わらず、東京はボールが回るもののゴール前に迫る事ができず、シュートまで持ち込む事ができない。兵庫はシンプルにボールを回し、シュートを放つがやや遠目からで決定機までは行かない。一進一退の様相の均衡が破れたのは後半5分、6番井野選手がゴールを決めて4-1とした。この頃から東京はメンバーが固定してきて疲れも見え始めてきた。残り2分、東京は6番芝原選手がGKとなり、パワープレイを決行。しかし後半14分にパワープレイ崩れから7番佐藤選手が無人のゴールへ流し込み5-1。試合はこのままタイムアップ。兵庫県は2連覇に王手をかける決勝戦へ駒を進めた。


20130324327.jpg

20130324319.jpg

201303241152.jpg

20130324925.jpg

20130324952.jpg

20130324972.jpg

201303241135.jpg

201303241069.jpg

20130324995.jpg




大阪府選抜1ー2 静岡県選抜
得点者:10分10番三宅選手(大阪)、14分2番長谷川選手(静岡)、16分3番小林選手(静岡)
試合序盤は大阪ペース。そして先制点を奪ったのも前半10分大阪だった。10番三宅選手の巧みなステップワークから振り向きざまのシュートが決まり、地元の大声援に応える。気を取り直した静岡は自分達のフットサルを取り戻すべく基本に立ち返るようベンチから指示。これで落ち着いたか前半終了間際の14分に18番石川選手のピヴォ当てからうまくターンした長谷川選手がゴールを奪い同点に追いついてハーフタイムを迎えた。
勢いの出てきた静岡は後半開始2分にボールを横に揺さぶり3番小林選手がピヴォへと当てるとピヴォの8番宮本選手がヒールで落とし、走り込んだ3番小林選手がシュートを叩き込んだ。これぞフットサルという点で勝ち越した静岡はこの後落ち着いて試合を進め、ボールポゼッションを高め、大阪の攻撃を零封。静岡県選抜は2年ぶりの決勝進出を決めた。


20130324341.jpg

20130324337.jpg

201303241027.jpg

201303241077.jpg

201303241089.jpg

201303241008.jpg

201303241081.jpg

201303241100.jpg

201303241037.jpg