ベテランの引退

2011年11月23日 21:40

 松井史江選手と言ってピンとくる人はかなりの女子フットサル通だ。第1回全日本女子フットサル選手権をパラレッズの一員として藤田安澄選手、本多さかえ選手 (共に現Aventura)等と共に優勝を飾った一員だ。その後うー魚を結成しうー魚の選手としても全日本の場に立ったベテランだ。実は他にもトレーナーという顔も持っており、伝説のBANFF SENDAI、そして今もFIREFOXのトレーナーとしてチームに帯同している。更には今年サッカー女子ワールドカップで優勝したなでしこJAPANの トレーナーとして国民栄誉賞も受賞しており、テレビで目にした人もいるかもしれない。

その松井”選手”がこの試合で現役を引退する事になった。実はまだうー魚は東京都リーグ1部で試合を残しているが、その日程には日本女子フットサル代表がブラジルで行われる第2回世界女子フットサルトーナメントに参加する事になっており、そのトレーナーとして帯同する事になっている。この試合の観客席にはかつてのチームメイト、監督、スクールの生徒の父母が駆け付けた。試合は大歓声の中、6番松井選手も得点は奪えなかったが、アシストを決め、うー魚の完勝で有終の美を飾った。試合終盤には判定に熱くなるなど”らしい”部分も見え、うれしくはあったものの最後になってしまうのかという寂しさも感じた。

試合終了後、今後の活動について聞きたかったが、大勢の関係者と記念撮影が始まってしまい残念ながら話が聞けなかった。しかし今後指導者として、もしくはトレーナーとしてフットサルに関わる事は間違いないだろう。今後の活躍を是非期待して止まない。 

 

20111123406.jpg

 

 

panna_bn.jpg

Desporteサイドバナー.jpg

PANNAロゴ(バナー用).jpg

credit-school_bannerl.jpg

234_60banner.gif

pivo40.jpg